模範六法データ提供システムm-Laws

《利用規約》

 

20211022

 

(本規約の適用)

第1条 大日本法令印刷株式会社(以下、「当社」といいます)は、利用者が模範六法データ提供システムm-Laws(以下、「本システム」といいます)を利用するにあたり、電気通信事業法(昭和59年法律第86)や、その他の法令や規則の規定によるほか、以下に定める「模範六法データ提供システムm-Laws」利用規約(以下、「本規約」といいます)に合意することを条件に、その利用を認めるものとする。

(サービスの内容)

第2条 本システムで利用できるデータは、「模範六法」(株式会社三省堂 発行)に収録されている、法令、判例、参照条文のデータであり、以下のメニューから閲覧可能です。

(1)目次

(2)五十音

(3)判例索引

(4)検索(法令名、略称、判例要旨、全文)

(利用の方法)

第3条 本システムを利用される方は、当社に対し、当社が定める方法により申し込みを行うものとし、当社の承諾をもって利用資格を取得するものとします。

(ユーザーID・パスワードの発行及び管理、変更)

第4条 利用者は、利用者が定める固有のユーザーIDおよびパスワードの管理、変更、使用について一切の責任を持つものとします。

(インターネット接続)

第5条 利用者は、自己の負担によりインターネット接続事業者からインターネット接続サービスの提供を受けたうえで本システムを利用するものとします。

(料金等)

第6条 本システムの利用料(以下、「料金」といいます)は、別途料金表に定める金額とします。

(利用期間)

第7条 本システムの利用期間は、料金支払後1年間とします。1年経過後はご利用にはなれません。なお、利用できるのは料金支払い時の年度版のみであり、利用中に新しい年度版が利用開始となっても、その新しい年度版はご利用にはなれません。

2 ユーザーID、パスワードの登録後、1回に限り、試用期間として2週間、無償ですべての機能をご利用いただけます。

第8条 当社は、第20条、第21条に定める場合を除き、既に支払われた料金は一切返還しないものとし、当社に対して返金を要求することはいかなる場合でもできないものとします。

(著作権)

第9条 本システムにおいて当社が提供する模範六法のコンテンツの著作権は株式会社三省堂および編者の判例六法編修委員会に、画面デザイン、ソフトウェアその他の著作物の著作権は当社に帰属するものとします。

(利用者の個人情報)

10条 当社は、利用者の住所・所在地、電話番号、サービス利用状況等の個人情報を機密として保持するものとし、次のいずれかに該当する場合を除き、第三者に提供しないものとします。

(1) 利用者の同意が得られた場合

(2) 法令等により開示が求められた場合

(3) 個人識別ができない状態で提供する場合

(禁止行為)

11条 利用者は、本システムの利用にあたり、次のいずれかに該当する行為をしてはならないものとします。

(1) 本システムの情報を改ざんする行為

(2) ユーザーIDおよびパスワードの不正使用、譲渡又は貸与する行為

(3) 第三者に本システムを利用させる行為

(4) 有害なコンピュータプログラム等の送信または書き込み行為

(5) 本システムを利用した営利を目的とする行為

(6) 本システムの利用または提供を妨げる行為

(7) 第三者または当社の知的財産権を侵害する行為

(8) 第三者または当社の財産、名誉、プライバシー等を侵害する行為

(9) 法令または公序良俗に反する行為

(一時的な中断)

12条 当社は、次のいずれかに該当すると判断した場合には、利用者への事前の通知又は承諾を要することなく、本システムを中断できるものとします。

(1) 本システムの提供に必要な設備の故障等により保守を行う場合

(2) 不可抗力により本システムを提供できない場合

(3) その他、運用上又は技術上の理由でやむを得ない場合

13条 当社は、前項の他、本システム提供に必要な設備の定期保守を行うため、利用者に事前通知のうえ、本システムを一時的に中断できるものとします。

(責任の制限)

14条 当社は、本システムの利用において生じたいかなる損害についても、一切の責任を負わないものとします。

15条 利用者は本システムの利用によって当社又は第三者に損害を与えた場合、もしくは第三者との間で紛争が生じた場合、自己の責任と負担により解決するものとします。

16条 提供している「模範六法」のコンテンツの内容に関する責任は、株式会社三省堂が負うものとします。

(権利譲渡の禁止)

17条 利用者は、本規約上の権利又は義務の全部または一部を他に譲渡してはならないものとします。

(利用停止等)

18条 当社は、利用者が次のいずれかに該当すると判断した場合、利用者への事前の通知または催告を要することなく、本システムの利用を一時停止または利用者資格の取消を行うことができるものとします。

(1) 当社への申し込み登録内容等に虚偽があったことが判明した場合

(2) クレジットカードによる支払い決済ができない旨の通知をクレジットカード会社から受けた場合

(3) 当社が、支払い停止または支払い不能であると判断した場合

(4) 本規約に違反した場合

19条 利用者は、前条により利用者資格を取り消された場合であっても、支払い済みの料金については返還しないものとします。

(サービスの廃止)

20条 当社は、次のいずれかに該当する場合には本システムを廃止するものとし、すべての利用者に対するサービスを終了するものとします。

(1) 30日前までに利用者に通知した場合

(2) 不可抗力により本システムの提供が不可能となった場合

21条 当社は、本システムを廃止する場合には、既に支払われている利用料および消費税相当額のうち、利用期間の1年に満たない期間については、残り月数相当の額を、月割計算にて利用者に返還するものとします。

(合意管轄)

22条 本規約に関する一切の紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所として処理するものとします。

(本規約の変更)

23条 当社は、利用者の承諾を要することなく、本規約に新たな規定の追加又は変更を行うことができるものとします。なお、新たに追加または変更される規定についても本規約の一部を構成するものとします。


以上